車査定のまとめ|廃車処分する前に売れるか確認

 

車の査定額が業者によって違うのはなぜ?

 

車の査定を受ける時に、価格って結構ばらつきがありますよね。

 

車の査定金額が違う理由には、何点か理由があります。まず店舗の在庫状況によって査定金額が変わる事があります。

 

買取のお店に同じ車種が何台もあればどんなに良い状態の車でも買取価格は下がってしまいます。

 

そういった事にならない為にも、事前に販売車種を確認してから査定を行う事で、こういった査定を受けなくて済むので、まず店頭の商品を確認しましょう。次に買取業者の規模にも関係があります。

 

やはり大手と個人で行っている業者とでは資金力も関係ありますが、在庫を確保しておける場所に関係があります。大手の買取業者は、中古車をストックしておけるスペースを持っており、中には東京ドーム並みの在庫スペースを持っている会社もあり、在庫を確保出来る業者さんは高値で買取を行ってくれます。

 

反対に在庫が確保しておけない店舗や販売できるスペースが無い所は、買取を行う事が出来なく、どうしても買取価格が下がってしまいます。

 

他には、お店によって査定項目が違うなどといった理由が上げられます。最近では結構独自の査定項目で買取を行う業者さんも増えてきて、状態が良いと思っていても、買取金額が安い場合も多々ありました。そういった場合には、口コミなどに各社の査定項目などが書かれている事が多いので、事前に調べていき、自分で修復出来る所は修復してから査定を受けると良いでしょう。

 

車の査定の場合にはとにかく色々な会社を回る事がポイントです。高い金額を付けてもらったら、安いお店で煽る事によって高値を付けてくれる事もあり、とにかく多くの情報を手に入れるのが重要だと言えます。

車の査定時の評価項目は業者によって違うの?

 

いざ車の査定を受けようと思った時に、A社では高かったのに、B社では金額が安かった・・・・といった事ありませんか?

 

やはり買い取り業者もまちまちですので、当然査定金額も変わってきます。

 

よく見られる箇所として外装や内装の傷やエンジン周り、足回りや車検の残り具合、タイヤの残り溝や事故暦や走行距離など色々な部分を見られます。

 

どの会社もこの辺あたりはよく見るので、さほど値段に変化がないのですが、お店の在庫状況や値段のつけ方によって値段に変化が現れる事があります。

 

買い取り業者も数多く存在し、基本的な項目以外にも独自の査定項目が存在し、その独自の項目によって値段も変化します。

 

特に変化が見られる例として、中古車査定基準を基準に買取を行っている業者さんの場合にはその基準にそって色々箇所を見るのですが、中にはその基準ではなく、オークションを参考に査定する業者もおります。

 

オークションを基準に査定を行う場合には、 他の車種の売れ行きや年式、その車の相場などを参考に値段を決める所が多く、査定箇所が違う業者もおり、値段に違いが出てきます。

 

オークションを参考にしている場合には、事故車や修復暦があってもその車種が人気があり、高く売れている場合にはあまり影響は出ませんが、中古車査定基準を元に査定を行っている業者さんの場合には値段に影響が出る事が多く、査定基準が違うので買取を行ってもらう時には、多くの業者さんから査定見積もりを事前に出してもらう事をお勧めします。

車関連サイトのご紹介

自動車下取り.jp
下取りの価格より、買取に出した方が何万円も高く売れる事が多いようです。

 

自動車買取いくらで売れる?無料一括査定で今すぐチェック
自動車の買取は業者に買い取ってもらいましょう。下取りの買取の2つのタイプがありますの。

 

車の処分の方法は?廃車も事故車も専門業者なら買取でお金が返ってきます
乗らなくなった車や、破損してとても売れないような車は、廃車専門の買取ショップに持って行きましょう。